当会の概要

事務局

名称 ローズレインボーの会 事務局
住所 〒164-0003 東京都中野区東中野4-27-37 学術出版社アドスリー内
FAX 03-5925-2913

理念

ローズレインボーの会(書籍部 城門書院)

出版の基本理念

知恵文学領域を模索し、若人の「心の教育」に貢献することを目的とする。
徳を教え、神を畏れて生きることの重要性と神の摂理の神秘を悟らせるような内容。
「苦しみによく耐え、平和を求めて生きる傑出した人物」を示し、さらに芸術的特徴や歴史性をもった広い範囲の知恵文学を目指す。

出版の基本理念(医学編)

医学分野において「生命への畏敬」を基盤とする精神を時代を超えて継承するとともに、疾病に応じた最先端の治療や予防を伝えることによって救命のチャンスを広げる。

The basic purpose of the Rose Rainbow Society’s publications

To recognize a basic spirit of reverence for life in the medical field which is valid for any time and place and, by passing on information concerning the most up-to-date treatments and preventives for each illness, to broaden the prospects of saving lives.

顧問

初代顧問 森亘

東京大学名誉教授、文化勲章者、元東京大学総長、元日本医学会会長

“LIFE”, “DYING BEAUTIFULLY”, “MEDICAL ETHICS”

「命―いのちーLife」: The original meaning of the Chinese character is “the sky, heaven, instruction/directions from God, a command, a mission, destiny, fate.” This changed over time to mean that life is “one’s lot or destiny as given from heaven.” Since life is a gift from heaven, its dignity must not be trampled on. Life is to exist, to be.
(Dictionary definition)

Ethical Guidelines for Doctors
When there is a possibility of a cure, then one should resolutely engage in treatment. However in terminal cancer cases, in accord with individual circumstances, a more passive response is recommended, an appropriate judgment is required.
In other words, in protecting the human dignity of the patient, moderate but high quality treatment should be offered. The foundation for such is the level of personal cultivation and refinement of the individual doctor.
Medical care should be thought of as the help or assistance offered so that a person may die in a natural way.

森亘著『美しい死』(アドスリー 1997年)

Mori Wataru
Recipient of Order of Cultural Merit
Honorary Professor and former President of Tokyo University
Former President of the Japanese Medical Association

二代目顧問 森口幸雄

●YukioMoriguchi

1926年(大正15年)1月生まれ。慶応義塾大学医学部卒。ミラノ大学留学。
桜町病院成人病科院長、清泉女子大学教授(東京)を経て現在南リオ・グランデ・カトリック大学老年医学研究所・大学院教授。
医学博士。日本老年医学会評議員、愛知医科大学客員教授、ローマ教皇パウロVI世元医学顧問、WHO循環器疾病予防国際研究センター主任研究員、ペルー国立サンマルコ大学客員教授などを併任した。
現在、名誉職としてブラジル老年医学会功労会員。アルゼンチン・ウルグアイ・コロンビア・パナマ各老年医学会名誉会員。
賞)外務大臣表彰、厚生大臣表彰、読売新聞医療功労賞、南リオ・グランデ名誉州民賞、ポルト・アレグレ市名誉市民賞、大山健康財団賞、勲三等瑞宝章受勲。
著書 「老年生物学」「すこやか長寿の秘訣」

Prof Yukio Moriguchi
Rose Rainbow Society advisor
Ph.D. Professor of the Pontifical Catholic University of Rio Grande de Sul, Brazil
Former medical advisor of Pope Paul VI
Principal researcher of the International Center of Cardiovascular Diseases, Disease Prevention section of WHO
Former visiting professor of San Marco National University, Peru
Awarded Yomiuri Newspaper Medical Care Service Prize
Received the Order of Sacred Treasure, Gold Rays with Neck Ribbon, from His Majesty the Emperor of Japan

会長

ローズレインボーの会会長 城麗子

Ms Reiko Joh President of Rose Rainbow Society
(Past President of Japan Catholic Nurses Association)

Reiko Joh
President of Rose Rainbow Society since 2002
(http://rose-rainbow.net/)
(Baptized in 1976)
Past President of the Japan Catholic Nurses Association (2012〜2014)
Donated Blood Distribution Foundation Councilor (2002〜2011)
“Wakasa Haiku kai “member

別離  詩・城 麗子著 (『夕映えの山を越えて』聖母の騎士社、エッセイ集より)

人の出会いと別れよ
人間の生と死という神秘よ
如何に愛し合って
長い人生を歩んできても
必ず巡り来る痛切な別離よ
人はその時 人として生まれてきたが故に
身のはり裂けんばかりの悲哀と苦悩をあじわい
時を忘れて嗚咽し
涙を涸らさなければならない
最愛の人を失ったときには
死んでしまった方がいいとさえ
狂ってしまったほうがいいとさえ
泣き叫ぶであろう
それはあまりにも自然な
ありのままの反応であろう
人が癒すことのできぬ虚無と喪失が
何故にこの世に存在するのか

神がゆるしたもうその試練を
神が深い愛と意味を秘めておくられた
その十字架を受けた人々すべてに
孤独な苦悩を超え得る力と恵みと癒しを
どうか主よ 与えたまえ