クリスマスのお話し(髙見三明大司教様)

神に栄光、善意の人々に平安 

カトリック長崎大司教  ヨセフ高見 三明

映画にもなった、第一次大戦中の逸話(いつわ)をご存知でしょうか?

ドイツ軍のフランス・スコットランド連合軍が、フランス北部の村で死闘を繰り広げていたときのこと、兵士たちは皆クリスマスだけは家族のもとへ帰りたいと願っていましたが、

かないませんでした。ところが、ドイツ軍の塹壕(ざんごう)に何万本というクリスマス・ツリーが届けられ、スコットランド軍の駐屯所からは、バグバイブの音色やコーラスが響いてきました。そしてドイツのテノール歌手、ヴァルター・キルフホフがドイツ軍の塹壕で歌っていたところ、百メートル先のフランス軍の将校がかつてパリ・オペラ座で聞いた歌声だと気づいて、拍手を送ったのです。ヴァルターは、彼に挨拶するため、思わずクリスマス・ツリーを手に無人地帯を横切ってフランス軍の塹壕に駆け寄りました。すると、ドイツとスコットランド、それにフランスの兵士たちが堰(せき)を切ったように集まり、バグバイブの伴奏に乗せて、「きよしこの夜」を合唱したのです。そして各国の上官たちは、クリスマス一夜限りの休戦に合意してシャンパンで乾杯し、兵士たちも銃を置いて、片言の外国語で温かい交流の時を持ちました。この出来事は、クリスマスが平和な心を呼び覚ます日であることを物語っています。イエスが生まれた夜、天使たちはその誕生を告げ、羊飼いは光に包まれ、幼子を訪ねました。そんな、いわばあわただしい中、母マリアはそれらの出来事をすべて心に納め、思いめぐらしていました。

クリスマスパーティーもですが、“神が人間になるというこの出来事が、人々に平和な心を抱かせるのはなぜだろう?”と祈りながら、静かに思いめぐらす時間を持つことも大事なことではないでしょうか。

転載 2012年12月1日発行 (第656号心のともしび)より

 

Glory to God, Peace to People of Good Will

Joseph Mitsuaki Takami

Archbishop of Nagasaki, Japan

I wonder if you have heard of an incident that happened during World War I, which also became a movie.

The French and Scottish allied armies were fighting a fierce battle against the German army in a village of northern France and the soldiers all wanted to go back to their families for Christmas but couldn’t. However, thousands of Christmas trees had been sent to the German army trenches, and from the Scottish garrison echoed the sound of bagpipes and choral singing. When the German tenor Walter Kilhoff began singing in the German trenches, a French officer only a hundred meters away remembered having heard that voice in the Paris Opera House and applauded. In appreciation for the applause, Walter spontaneously ran across no-man’s land to the French army trench carrying a Christmas tree. Sudntaneously French trenchied a Christmas tree ficers only a hundred meters awayn thea movie.denly, like a dam bursting, the German and Scottish soldiers, joined by the French, gathered together and sang “Silent Night” together to the accompaniment of bagpipes. Officers on both sides gave the signal for a Christmas eve truce and offered a champagne toast. The soldiers laid down their weapons and despite language barriers socialized with one another.

This incident tells us that Christmas is a day that calls for peace of heart. On the night that Jesus was born angels announced the birth, and shepherds, wrapped in angelic light, visited the infant. Amid all the fuss, Mary kept these things in her heart and pondered over them.

Even amid the fuss of Christmas parties, too, isn’t it important to take time to ponder quietly and ask prayerfully “Why does the fact of God becoming man arouse peace of heart in people?”

(from Kokoro no Tomoshibi no.656, December 1, 2012) tly?ye of heartk prayrefullyr heartstmas truceo the acco0mpaniment of bagpipes

 

 

カトリック長崎大司教  

ヨセフ高見 三明

クリスマスのおとずれ

誰にも誕生日があるように、キリストにも誕生日があります。 世界中で救い主として信じられているキリストは、今から二千年余り前に、現在のイスラエルのベツレヘムで生まれました。その時の様子は一見あまりにも平凡で慎ましいものですが、特別な重みのある日です。母親のマリアは、ローマ皇帝の命令による人口調査に応じるため、北部の村ナザレから夫ヨセフの故郷ベツレヘムまで5~6日の旅をしたあげく、宿屋に部屋がとれないまま、子供を産み、布にくるんで飼い葉桶(おけ)に寝かせるしかありませんでした。神の栄光に包まれて現れた天使たちは、近くの羊飼いたちに、飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子は救い主であると告げます。それは神からのメッセージを意味しました。しかし、この乳飲み子は、この後すぐに当地の権力者ヘロデ大王の敵意を買い、虐殺の難を避けて、両親共々エジプトに逃れます。

しかしそれらすべての出来事は、人類の救いという遠大(えんだい)な神の計画が決定的に実現しつつあることを示しているのです。イエスの誕生は、人となった神の子が十字架の上でわたしたちのために自分の命を与えるという神の最高の愛の始まりなのです。

イエスは、30数年後に、衣服をはぎ取られ、十字架にはりつけにされます。神の子として全知全能であるはずの方が、無防備で何の抵抗をすることもなく、しかも自分を苦しめ殺す人びとをゆるします。

彼は、政治や経済の体制を変えるためではなく、ただご自分のことばと行いによって、一人ひとりの人間の心に神の愛を語りかけ、その愛によって新しく生まれ変わるよう働きかけるために来られたのです。そのために「自分を無に」されました。

乳飲み子イエスの姿は、そこから救いが始まると訴えています。

転載 2012年12月号 2014年12月号より。

心のともしびホームページhttp://www.tomoshibi.or.jp
長崎大司教区ホームページhttp://www.nagasaki.catholic.jp/
カトリック中央協議会ホームページhttp://www.cbcj.catholic.jp/publish/index.htm
 

The Message of Christmas

Mitsuaki Takami

Archbishop of Nagasaki, Japan

Just as everyone has a birthday, Christ, too, has his. Christ, who is believed all over the world to be the Savior, was born over 2000 years ago in Bethlehem, in today’s Israel. The scene of his birth was to all appearances quite normal and modest, but it was a day of especially great moment.

In order to enroll in a census ordered by the Roman Emperor, Christ’s mother Mary had to make a 5 or 6-day journey from her northern village of Nazareth to Bethlehem, the hometown of her husband Joseph. Not being able to find lodging there, she had to give birth in a stable, wrap the baby in cloths, and lay him in a manger. Angels shining with the glory of God appear to shepherds in nearby fields to announce that a newborn infant sleeping in a manger is their Savior. This is meant as a message from God. However, this infant quickly gains the enmity of the luickly gained the enmity of thever, this newborbn infanto Bethlehem,ver 2000 years ago.ocal ruler, Herod, and in order to escape a massacre, flees with his parents to Egypt.

All these things happen to show that the overreaching plan of God for the salvation of humanity is definitively being carried out. The birth of Jesus is the beginning of God’s greatest love—that the Son of God, become man, might give his own life on the cross for us.

Thirty years later, Jesus is stripped of his clothing and nailed to a cross. The person who as Son of God should be all-knowing and all-powerful is defenseless and offers no resistance, and even forgives those who torture and kill him.

He came not to change the political or economic system, but only, through his words and deeds, to speak of God’s love to the heart of each individual person and to bring it about that we might be re-born through that love,. That is why he “emptied himself.”

The infant Jesus tells us that our salvation begins there.

(froationt Jesus tells us that love begins there.gng plan of God his parents to Egypt.m the homepage of Kokoro no Tomoshibi, December 2012 and 2014)

 

 

「あるクリスマスの出来事」

ルイス・カッセルズ 日本語訳:佐久間彪神父

老いた一人の農夫がゆり椅子に 身をゆだねて暖炉の火を 見つめていた。
遠く教会の鐘が鳴っている。

クリスマス・イブ。

かれは もう長いこと教会に背を向けて生きてきた。
「神が人間になった、だと? ばかばかしい。だれが そんなことを信じるものか。」
眼を閉じ、薪のはじける音を聞きながらかれは まどろみかけていた。
突然窓ガラスに何かがぶつかる烈しい物音。それも次々に、さらに烈しく。
何事かと、彼は身を起こした。
窓際に立って 見たものは音も無く雪の降りつもる夜よる闇やみの中にこの家をめざして押し寄せて来る
おびただしい小鳥の群れだった。
雪闇にわたり途みちを誤ったのだろうか、小鳥たちは ともしびを求め?
ガラス窓に次々と打ち当っては、むなしく軒下におちてゆく。
かれは しばし呆然と、その有様を眺めていたが
外に出るや 雪の降り積もる中、いちもくさんに納屋へと走った。
扉を大きく左右に開け放ち、電灯を明々と灯して
干し草をゆたかに蓄えた暗い納屋へ小鳥たちを呼び入れようとした。
かれは叫んでいた。
「こっちだ、こっちだ、こっちへ来い!」
しかし、はばたく小さな命たちはかれの必死な叫び声に応えず
なおも ガラス窓に突き当たっては死んでいった。
農夫は 心のうちに思った。
「ああ、わたしが小鳥になって、かれらの言葉ではなしかけることが出来たなら!
一瞬 かれは息を飲んだ! かれは瞬時にして悟ったのだ。
「神が人になられた」ということの意味を。かれは思わずその場にひざまずいた。
今や、人となり給うた神の神秘に満ちた愛が
ひざまずく老いた農夫を静かに被い包んでいた。

かれの上に降りかかり 降り積もる雪はそのしるしとなっていた。

イエスのカリタス修道女会 日本管区本部修道院内 イエスのカリタス友の会「イエスのカリタス友の会だより」(27号2015.125.24発行)